お受験スーツ

お受験戦争!

子どものお受験に何を着ていこうかと迷ってしまっているママは意外に多いのではないでしょうか。

 

ブラックフォーマルがあるからそれを着ていこうかと考えている方もおられるかもしれませんし、カジュアルな格好のほうが良い印象を与えられると思っている方もおられるかもしれません。

 

ここではそのようなママさんのために、「子どものお受験でママがどのような格好をするべきか」ということについてお話したいと思います。

 

お受験スーツとしてブラックフォーマルはあり?

ブラックフォーマルとは黒の礼服のことを指しています。あらゆるシーンで着用できる礼服ですし、一着持っておいて損はありません。

 

工夫次第では結婚式でも着用できますし弔事にはもちろん、お宮参りのようなシーンでもブラックフォーマルは重宝します。

 

既にブラックフォーマルを数着持っている、という方もおられるでしょうが、子どものお受験時の母親の恰好としてブラックフォーマルは基本的にナシです。

 

基本は紺、濃紺のスーツとなりますから、ブラックフォーマルはやめておいたほうが良いでしょう。

 

ブラックフォーマルは礼服ですから、どうしても黒の色が濃くなってしまいます。黒のダークスーツと比べても明らかに濃い黒ですし、よく見ればデザインなども異なります。

 

現在では慶弔兼用できるタイプのブラックフォーマルなども販売されていますし、ネット通販で購入することもできますが、子どものお受験に着ていく服装としてはあまりおススメはできません。

 

恐らくブラックフォーマルで来る人はほとんどいないでしょうし、悪目立ちしてしまう恐れもあります。ブラックフォーマルはやめておきましょう。

 

基本は紺か濃紺のスーツ

ブラックフォーマルではなく紺か濃紺のスーツを着用することが基本となります。紺以外のスーツはダメなのかということですが、正直これは微妙です。受験する学校によっても変わってくると思いますし、地域性によっても多少は変わってくるのではないでしょうか。

 

ただ、一般的にお受験のときは紺か濃紺のスーツという認識が浸透していますし、多くの方が紺のスーツでお受験に参加しています。

 

紺以外のスーツで参加してしまうと先ほども言ったように悪目立ちしてしまう恐れがありますし、下手すると主役であるはずの子どもよりも目立ってしまうかもしれません。

 

子どものお受験に付き添う母親はあくまでサポートですし、目立ちすぎないことが求められます。そのような部分も見られていますから注意しましょう。知的かつ優しさ、清潔さ、清楚さなどが求められることが多いですから、目立たない紺のスーツが最適と言えるでしょう。

 

また、スーツのデザインも悩みどころですが、これは自分のスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。あまりにもダボダボだとみっともないですし、体のラインが出過ぎてしまうのも問題です。

 

ベストフィットは基本ですが、あまりフィットしすぎると体のラインが出過ぎてしまいますから注意しましょう。

 

パンツスーツはアリなの?

これも迷ってしまう部分かもしれませんが、基本パンツスーツはナシです。

 

若い方だとスカートのほうがカジュアルな印象を持ってしまうかもしれませんが、年配の方は逆にパンツスタイルにカジュアルな印象を抱いてしまいます。

 

パンツスタイルを正式な装いでないと認識している年配者は多いですし、下手に悪い印象を与えてしまうことになるでしょう。

 

パンツスタイルでないと落ち着かない、という方もおられるかもしれませんが、スカートのほうが正式な装いと認識されますからスカートかワンピーススーツで参加することをおススメします。

 

また、パンツスタイルかスカートかという話からはズレてしまいますが、子どもの受験でママが着るスーツはなるべくシワになりにくい素材を選ぶことも大切です。

 

お受験の面接では待っている時間も長くなってしまいますから、同じ姿勢でずっといるとシワが付いてしまいます。あまりにも安すぎるスーツだとすぐにシワになってしまいますし、いざ面接のときに恥ずかしい思いをしてしまうことになります。

 

なるべくシワになりにくい素材でできたスーツを選ぶようにしましょう。ウール素材でできたスーツはシワにもなりにくいためおススメです。

 

スカートの丈について

スカートの丈にも注意が必要です。もっともダメなのは短すぎるスカートです。これはお受験でなくてもフォーマルな場では原則NGとなりますから覚えておいてください。

 

短いスカートを履くことが女性らしさをアピールできると勘違いしている方が多いですが、年配の方からするとただ下品なだけに思えてしまいます。

 

また、常識をわきまえていないと思われてしまいますし、そのような印象を与えてしまうと子どものお受験の足も引っ張ってしまうことになるでしょう。母親のせいで子供がお受験に落ちたとなっては可哀想です。

 

お受験の面接のときは座ったり立ったりすることが多いですから、スカートの丈には十分気を付けましょう。座ったときに膝が見えないのが基本となります。

 

膝が見えてしまうほど短いスカートだと問題ですし、悪い印象を与えてしまいかねません。身長の低い方だとあまり心配はないかもしれませんが、身長の高い方だと座ったときに膝が見えてしまう恐れがあります。

 

スーツを購入したときにはいきなり本番で着るのではなく、事前に着用してシミュレーションしておきましょう。

 

スーツに合わせる小物も大切

スーツに合わせる小物も大切なポイントですから覚えておきましょう。ハンドバッグなどはあまり派手なものはNGとなりますし、あまり地味すぎるのもダメです。

 

難しいかもしれませんが、できるだけシンプルなバッグのほうが良いでしょう。ハイブランドのハンドバッグよりはあまりブランド名が分からないようなハンドバッグのほうが良いかもしれません。

 

また、ストッキングは黒はNGでベージュが定番となっています。濃紺のスーツに黒のストッキングだと弔事のような印象を与えてしまいますからダメです。

 

スリッパを持参することも多いですが、なるべくスーツの色に合わせたスリッパを持参しましょう。このような細かい部分までお受験では見られている可能性が高いです。

 

お受験は子どもよりも母親のほうがよく見られているとも言われていますし、母親は一瞬たりとも気を抜くことはできません。スーツに合わせる小物一つとっても注意しなくてはいけませんから覚えておきましょう。

 

スーツの購入方法

スーツの購入方法ですが、紺のスーツなら専門店でなくても販売していると思いますし、それなりに大きな百貨店やデパートなどに行けば手に入ると思います。

 

忙しくて買い物に行けないという方はインターネット通販という手もありますから検討してみましょう。インターネット通販でもさまざまなブランドの礼服や濃紺スーツを購入することができます。

 

お受験の母親に最適なスーツなどを扱っているショップもありますよ。

 

子供用フォーマルスーツ取扱いブランド
ブランド 特徴 詳細
ファミリア 神戸の老舗子供服メーカーです。ファミリアらしい上品なワンピースが人気です。期間限定で刺繍を入れてもらえるセミオーダーもあります。 詳細
jiji 子供のお出かけ着の専門店です。店舗は鎌倉にありますが、ネット通販もあります。ヨーロッパを中心に海外から輸入した服やオリジナルの服もあります。 詳細
ミキハウス ポップな子供服のイメージがあるミキハウスですが、お受験ウェアも取り揃えています。面接・行動観察・学校訪問…それぞれに合ったコーディネートがあります。 詳細
ドレッサージュ 男女児フォーマル服を中心に展開しています。オーダーメイドも可能。実店舗は、都内の有名百貨店のみになります。 詳細
キャサリンコテージ 子供ドレス・子供服を中心に展開しています。リーズナブルな価格の服が多く、対応サイズは60〜160以上となっています。 詳細

 

 

お受験は子どもも緊張すると思いますがそれ以上に母親は緊張してしまいます。もし落ちてしまったら自分がいけなかったのではないか、と自分を責めてしまうかもしれません。

 

そんなことにならないように、子どもの足を引っ張ることのない恰好でお受験に付き添いましょう。

 

ここでご紹介したこと以外にも気を付けるポイントはたくさんありますし、現在ではお受験の付き添いをする母親向きの本なども販売されています。そのような書籍で勉強しておくのも良いですね。

page top